試験対策と免除科目 精神保健福祉士

MENU

試験対策と免除される問題:精神保健福祉士

解説イメージ

精神保健福祉士の資格を持つ人がケアマネージャーの試験を受験するときに、試験免除を受けられます。無論すべての問題の免除が受けられるわけではなくて、試験内容の一部の問題を免除されることになります。

 

ケアマネージャーは福祉のことだけを知っていればよいわけではなく、いわゆる一般の介護士、ヘルパーのようなサービス提供だけを考えればよいわけではありません。介護が必要な利用者にとって、またその介護をしてきたあるいはこれから在宅でしようとするその家族にとってどうすれば介護の負担を減らすことができるのか、また、本人やその家族にとってよりよい状況はどうなのか、どういった介護や福祉のサービスを提供して行けばよいのかといった総合的な知識をフルに活用していくことが求められます。

 

このため、試験内容も多岐にわたり、覚えるべき内容も多くあります。制度も複雑であり一定以上の実務経験者などでないと受験資格自体が与えられないのも無理からぬ話です。
このケアマネージャー試験での試験免除を申請するには、基本的には試験申し込み時にその国家資格の免許証のコピーなどを提示することによってなされます。ただ、受験するケアマネージャー試験の受験地によっては、たとえば資格証のコピーが見えにくいなどの理由で別途証明書を添付するように指示があるなど、多少の差異が出る可能性もあります。

 

 

試験会場などはほぼ例年変化はないのですが、もし変更がある場合にはその旨送付されてくる受験票に明記されてくることもあります。

 

 

 

>> ケアマネージャーの受験資格についてはこちら <<


独学ではちょっと厳しいかもと思っている人には一括資料請求がおすすめ♪


イメージ

各学校で費用が違うのってご存知ですか?

ケアマネージャーの資格のスクールの場合、一番安いところだと10,000で、高いところだと50,000円ぐらい。

最大で4万円ぐらい変わってきます。

これって大きいですよね♪





もちろん値段だけで通う学校を決めないとは思いますが、でも少しでも安くてよい学校を見つけたいですよね。
そこで便利なのが一括資料請求です。

ここで紹介するサイトは全国の通学・通信講座情報が67,000件以上。わずか2分ほどの入力でほしいスクルーの資料が無料で手に入ります。

今すぐ一括資料請求したい方はこちら


イメージ


気に入ったスクールが見つかったら一度は見学してみてくださいね♪


関連ページ

社会福祉士|試験対策と免除される問題
介護支援専門員いわゆるケアマネージャーの試験には、科目免除の規定があります。試験受験時
介護福祉士|試験対策と免除される問題
国家資格があれば実務経験が短縮できますし、一部について試験免除が受けられますので
薬剤師|試験対策と免除される問題
とえば薬剤師の資格を持っていれば、保健医療サービスの基礎問題が免除されることになっており、また他の資格を有している人
看護師(保健師、助産婦含む)|試験対策と免除される問題
看護師もしくは助産師、保健師の資格を持っているならば、保健医療サービス分野については日々の業務の中で既に十分の知識を得ているでしょう。
ケアマネージャーの役割・機能|頻出問題対策
介護の分野で働く専門職員が重要になります。介護保険の制度において、要介護状態・要支援状態にあるとされた人に対しては
居宅サービス計画の作成方法|頻出問題対策
居宅介護支援事業者のケアマネージャーが作成する居宅サービス計画いわゆるケアプランを作成
老人保健制度の概要|頻出問題対策
老人保健制度などの福祉施策も知っておかなければ仕事にならない場合がある
老人福祉制度の概要|頻出問題対策
老人保健制度などの福祉施策も知っておかなければ仕事にならない場合がある