頻出問題対策 老人保健制度

MENU

頻出問題対策:老人保健制度の概要

解説イメージ

 

ケアマネージャー正確にはケアマネジャーですが、介護支援専門員と呼ばれる資格で、具体的には介護保険制度でどのような介護を提供していくかの介護サービス計画ケアプランを作成することができる資格になります。

 

この試験はまず受験するために前提となる実務経験があり、その経験を元にさらに介護保険制度を初めとする老人福祉制度についても学んでおく必要があります

 

試験に頻出されているものは年によって多少の差異はありますが、制度の概要などを押さえた上でケアマネージャーとして知っておくべきことについて問われることはもちろん、保険給付などは基礎知識に加えて応用知識が試される場合もあり、頻出されやすい分野であるといえます。

 

介護保険制度は医療にも関わる部分がありますので、ケアマネージャーとして最低限知っておくべきこととして医療関係の知識たとえば訪問看護や主治医との連携などを問われることもあります。
知識として所々浅い部分は仕方がないのですが広くところどころ深く知っているという感じで知識を習得していることが求められます。
ケアマネージャーとして活動することが妥当であるかどうかも問われますので、しっかりと制度について学んでおくことが必要です。

 

介護保険制度として使えるサービスがそれどれなのか、そのサービスは何をするところなのかつまり目的は何なのかは知っておく必要があります。

 

 

福祉サービスから学んできた人には医療系のサービスについては手薄になりがちですから、医療系サービスについてもしっかりと学んでおくことが必要になります。

 

 

 

>> ケアマネージャーの受験資格についてはこちら <<

独学ではちょっと厳しいかもと思っている人には一括資料請求がおすすめ♪


イメージ

各学校で費用が違うのってご存知ですか?

ケアマネージャーの資格のスクールの場合、一番安いところだと10,000で、高いところだと50,000円ぐらい。

最大で4万円ぐらい変わってきます。

これって大きいですよね♪





もちろん値段だけで通う学校を決めないとは思いますが、でも少しでも安くてよい学校を見つけたいですよね。
そこで便利なのが一括資料請求です。

ここで紹介するサイトは全国の通学・通信講座情報が67,000件以上。わずか2分ほどの入力でほしいスクルーの資料が無料で手に入ります。

今すぐ一括資料請求したい方はこちら


イメージ


気に入ったスクールが見つかったら一度は見学してみてくださいね♪


関連ページ

社会福祉士|試験対策と免除される問題
介護支援専門員いわゆるケアマネージャーの試験には、科目免除の規定があります。試験受験時
介護福祉士|試験対策と免除される問題
国家資格があれば実務経験が短縮できますし、一部について試験免除が受けられますので
精神保健福祉士|試験対策と免除される問題
精神保健福祉士の資格を持つ人がケアマネージャーの試験を受験するときに、試験免除を受けられます。
薬剤師|試験対策と免除される問題
とえば薬剤師の資格を持っていれば、保健医療サービスの基礎問題が免除されることになっており、また他の資格を有している人
看護師(保健師、助産婦含む)|試験対策と免除される問題
看護師もしくは助産師、保健師の資格を持っているならば、保健医療サービス分野については日々の業務の中で既に十分の知識を得ているでしょう。
ケアマネージャーの役割・機能|頻出問題対策
介護の分野で働く専門職員が重要になります。介護保険の制度において、要介護状態・要支援状態にあるとされた人に対しては
居宅サービス計画の作成方法|頻出問題対策
居宅介護支援事業者のケアマネージャーが作成する居宅サービス計画いわゆるケアプランを作成
老人保健制度の概要|頻出問題対策
老人保健制度などの福祉施策も知っておかなければ仕事にならない場合がある