要介護認定 流れ

MENU

要介護認定までの流れ

解説イメージ

介護保険制度のサービスを利用するためには、ケアマネージャーによる代行を含め、市町村への申請による要介護認定を受けることが必要です。

 

申請を受けた市町村では、対象者の心身の状況を把握するために自宅を直接訪問し、面接による調査を行います。これが介護保険制度でいう訪問調査とよばれるもので、通常は保健師などの市町村職員が行いますが、委託契約によってケアマネージャーが行うこともあります。
調査結果はまず全国一律の基準に基づくコンピュータによる一次判定にかけられ、その後医師などの専門家による介護認定審査会での二次判定を経て、最終的に市町村による要介護認定が行われるという流れになります。

 

その際、ケアマネージャーが訪問調査で使用する認定調査票は、厚生労働省により記載事項があらかじめ様式化されており、本人の心身状況などを可不足なく埋めることが必要となります。
概要の欄には、対象者の氏名や住所、家族構成や住環境について記載します。認定上の直接的な判断項目ではありませんが、認定後に受ける具体的なサービスの量や種類を検討する目安となります。

 

また、基本調査は、日常生活動作などの各項目について、原則として選択肢をチェックする方式で本人の心身状況を聞き取りにより判断します。一次判定ではこの調査結果によって機械的に要介護度が決まってしまうため、正確を期することが重要です。個々のケースによって微妙な選択肢もありますので、厚生労働省のマニュアルと照らし合わせて慎重に判断します。

 

さらに、特記事項として、介護認定審査会の二次判定の資料となる文章を書き入れます。コンピュータでは細かな状況の理解が困難であり、この特記事項の内容によっては審査会の場で一次判定が見直されることがあります。

 

以上の認定結果しだいで利用できるサービスが決まりますので、ケアマネージャーとしての職責にはたいへん大きなものがあるといえます。

 

 

 

>> ケアマネージャーの受験資格についてはこちら <<


独学ではちょっと厳しいかもと思っている人には一括資料請求がおすすめ♪


イメージ

各学校で費用が違うのってご存知ですか?

ケアマネージャーの資格のスクールの場合、一番安いところだと10,000で、高いところだと50,000円ぐらい。

最大で4万円ぐらい変わってきます。

これって大きいですよね♪





もちろん値段だけで通う学校を決めないとは思いますが、でも少しでも安くてよい学校を見つけたいですよね。
そこで便利なのが一括資料請求です。

ここで紹介するサイトは全国の通学・通信講座情報が67,000件以上。わずか2分ほどの入力でほしいスクルーの資料が無料で手に入ります。

今すぐ一括資料請求したい方はこちら


イメージ


気に入ったスクールが見つかったら一度は見学してみてくださいね♪


関連ページ

介護給付費請求書の作成:介護報酬と利用票
これを最低限できなければ、ケアマネージャーだけでなくそのケアマネージャーと関わりのある事業所すべてに迷惑がかかかります
介護給付費請求書の作成:給付管理業務
責任の重い、介護される側にとっては欠かせない役割も担っています。それが、介護給付費請求書の作成です。
モニタリングの目的|ケアマネージャーの受験資格
モニタリングの目的は主に3つあります。まず、介護サービスが計画通りに適切に実施されているかの把握です。
ケアカンファレンスの目的|ケアマネージャーの受験資格
このケアカンファレンスではすべての担当者が出席することが前提となっており、やむを得ない理由で参加できない場合には後日あるいは
日常生活動作(ADL)の課題分析のやり方|アセスメントの見方
依頼を受けた利用者の身体の症状を聞いたうえで日常生活動作(ADL)を実際に利用者と一緒に確認する必要があります。
身体的健康の課題分析のやり方|アセスメントの見方
身体的健康の他にも日常生活(ALD)や精神的健康、社会関係、経済状況、住生活環境、ケア提供者の状況、といった視点にまず分けて
精神的健康の課題分析のやり方|アセスメントの見方
要介護者からの相談に応じ、要介護者がその心身の状態にあっている家に住んでいてサービスを
社会関係の課題分析のやり方|アセスメントの見方
公平な目線に立ち、中立的な立場で、社会的な責任を意識し、個人のプライバシーをきちんと守る事などを常に念頭に置いて業務を行わなければいけません
経済状況の課題分析のやり方|アセスメントの見方
アセスメントの見方として利用者の経済状況の課題分析のやり方を考えていきましょう
住生活環境の課題分析のやり方|アセスメントの見方
住環境の改善によって利用者の生活は変わります。脳梗塞なのど病気で入院して入院した場合
提供者の状況の課題分析のやり方|アセスメントの見方
介護を受ける高齢者以外に、様々な分野の担当者と協力し、連携しながら仕事を進めていくこともあり、柔軟な考
利用者のニーズ|アセスメントで把握すべきこと
利用者のニーズも踏まえてアセスメントをしっかりと実施し、それらを踏まえた居宅サービス計画いわゆるケアプランを作成する必要があります
利用者の能力|アセスメントで把握すべきこと
利用者の現在の生活を理解して、その人の望む生活を自立支援の観点から近づけていくためにどのように分析すれば良いでしょうか
家族や地域の援助などのインフォーマルサービスの必要性と内容|アセスメントで把握すべきこと
介護を受けられる方やそのご家族のニーズに合わせ、2つの社会資源であるフォーマルとインフォーマルサービスをうまく取り入れて介護プランをたてるスキルが求められます。
行政や企業といったフォーマルサービス|アセスメントで把握すべきこと
個人個人の依頼主のニーズに合わせ、適切な介護プランを作らなければなりません。その為には、アセスメントが重要なポイントとなります
初回面接(インティーク)の目的|ケアマネージャーの受験資格
よく使用される用語として、「インテーク」または「インティーク」があります。これは「初回面接」のことを指し、援助の過程でもケアマネージャーが利用者
要介護認定の概要と申請方法|訪問調査
必要とする介護の形もその方にとって大きく違ってきます。その方にとって本当に必要な介護を提供し