介護保険制度

MENU

介護保険制度の理念

イメージ

ケアマネージャーになるためには実務研修を受けることになりますが、ケアマネージャーの実務研修の中では介護保険制度についても学ぶことになります。ケアマネージャー業務の主体はこの介護保険制度にあるからです。その理念について最初に学ぶこととなるでしょう。この保険制度の理念ですが、従来の制度では行政窓口に申請して市町村がサービスを決定していました。それが改正されてからは利用者が自分でサービスの種類、事業者を選んで利用できることになりました。そして医療と福祉は別々に申し込みをしていましたが介護サービスの利用計画、つまりケアマネージャーのケアプランを作成して医療、福祉のサービスを総合的に利用可能となりました。市町村、公的団体を中心としたサービスの提供を行っていたところ、民間企業やNPOを含め多様な事業者がサービスを提供しています。

 

中高所得者にとり利用者負担は大きかったですし利用しにくい状況にありましたが、所得に関係なく1割の利用者負担ということになったのも利用者から見た保険制度の違いとなります。今紹介したことを踏まえた上で理解しておくべき基本理念は予防とリハビリテーションの重視、高齢者自身による選択、在宅ケア推進、利用者本位のサービス提供、社会連帯に夜支えあい、介護基盤の整備、重層的効率的システムということになります。

 

この考え方を主体として具体的に7つの目標設定されていてそれを達成することが目的です。

 

 

>> ケアマネージャーの受験資格についてはこちら <<


独学ではちょっと厳しいかもと思っている人には一括資料請求がおすすめ♪


イメージ

各学校で費用が違うのってご存知ですか?

ケアマネージャーの資格のスクールの場合、一番安いところだと10,000で、高いところだと50,000円ぐらい。

最大で4万円ぐらい変わってきます。

これって大きいですよね♪





もちろん値段だけで通う学校を決めないとは思いますが、でも少しでも安くてよい学校を見つけたいですよね。
そこで便利なのが一括資料請求です。

ここで紹介するサイトは全国の通学・通信講座情報が67,000件以上。わずか2分ほどの入力でほしいスクルーの資料が無料で手に入ります。

今すぐ一括資料請求したい方はこちら


イメージ


気に入ったスクールが見つかったら一度は見学してみてくださいね♪


関連ページ

高齢者の人権と介護支援専門員の基本姿勢て
介護サービスを受ける利用者について、的確な分析を持った上での観察力や感受性で支援が必要な要介護者の生活をサポート
介護支援サービスについて
ケアマネジメントの基本における分野の講義が2時間、ケアマネジメントの基礎技術の分野における受付及び相談と契約の講義1時間
要介護認定の基礎知識
要介護認定は介護保険制度によるサービスを利用する上では必須のものであり、要介護度によってもサービスの組み立て方が大きく異なる結果となります
地域包括支援センターの概要
センターのそもそもの役割についてや、現場でケアマネージャーが受ける日常的な支援内容、センターに対する情報提供や連携の必要性などが講義
相談面接技術の高め方
介護支援専門員の実務研修についてまとめてみました。是非参考にしてみてくださいね
介護支援サービスの基礎技術
介護支援サービスの全般について、講義と演習を交えて学ぶ内容となっています。
課外実習でやること
課外実習といって、実際の要介護者などを個人を特定しない状態でプランニングするという実習もあります。
認定調査と社会資源調査
実務研修の流れの一つとして、認定調査というものがあります。介護認定への、一次判定を行う厳密・重要な物であるの
介護支援サービスの基礎技術とアセスメント・居宅サービス計画等作成演習
ケアマネージャーの仕事の大事な一部としてケアプランの計画があります。ケアプラン作成にはアセスメントが必要です
介護予防支援サービスに対する講義と演習
介護保険制度の基本的な理解や、介護保険の基本理念、介護予防の考え方、介護予防のポイントを押さえておくことは大切です。
モニタリングの方法
介護保険の利用者に対してどういったケアプランを立てるべきか、聞き取りを行います。
チームアプローチ演習
演習を通して学ぶ内容のひとつが、「チームアプローチ演習」です。ケアマネージャーの仕事はチームアプローチでサービスを提供