地域包括支援センター

MENU

地域包括支援センターの概要

イメージ

ケアマネージャー実務研修では、地域包括支援センターの概要についての講義がカリキュラムとして組まれています。ここでは、センターのそもそもの役割についてや、現場でケアマネージャーが受ける日常的な支援内容、センターに対する情報提供や連携の必要性などが講義の主なポイントとなります。

 

地域包括支援センターは、受け持ちの地域内における高齢者の心身の健康を維持し、必要な援助を行うことによって、保健分野や医療の向上、福祉の増進を支援する中核的な機関として設置されるもので、市町村がその責任主体となっています。

 

センターは、地域の高齢者に関する相談・支援の総合窓口、介護予防ケアマネジメント、権利擁護、介護サービス以外の生活支援を含む包括的・継続的マネジメントなどの包括的支援事業と、要支援者のケアマネジメントを取り扱う介護予防支援業務とを行います。

 

センターには人員配置基準が定められており、例外規定はあるものの、原則として介護保険制度でいう1号被保険者3,000人ないし6,000人ごとに、主任ケアマネージャー、社会福祉士、保健師を各1名配置することとされています。

 

このうち、主任ケアマネジャーは、ケアマネージャーとしての実務経験を5年以上有しており、専門員研修を完了することにより資格を取得した人材となります。

 

いずれにしても、実務研修の中だけではなく、実際にケアマネージャーが活躍する現場であったり、他の部署で働く場合にも必ず連携する機会が生まれる機関ですので、しっかりとした知識を身につけることが必要です。

 

 

>> ケアマネージャーの受験資格についてはこちら <<


独学ではちょっと厳しいかもと思っている人には一括資料請求がおすすめ♪


イメージ

各学校で費用が違うのってご存知ですか?

ケアマネージャーの資格のスクールの場合、一番安いところだと10,000で、高いところだと50,000円ぐらい。

最大で4万円ぐらい変わってきます。

これって大きいですよね♪





もちろん値段だけで通う学校を決めないとは思いますが、でも少しでも安くてよい学校を見つけたいですよね。
そこで便利なのが一括資料請求です。

ここで紹介するサイトは全国の通学・通信講座情報が67,000件以上。わずか2分ほどの入力でほしいスクルーの資料が無料で手に入ります。

今すぐ一括資料請求したい方はこちら


イメージ


気に入ったスクールが見つかったら一度は見学してみてくださいね♪


関連ページ

高齢者の人権と介護支援専門員の基本姿勢て
介護サービスを受ける利用者について、的確な分析を持った上での観察力や感受性で支援が必要な要介護者の生活をサポート
介護保険制度の理念
介護支援専門員の実務研修についてまとめてみました。是非参考にしてみてくださいね
介護支援サービスについて
ケアマネジメントの基本における分野の講義が2時間、ケアマネジメントの基礎技術の分野における受付及び相談と契約の講義1時間
要介護認定の基礎知識
要介護認定は介護保険制度によるサービスを利用する上では必須のものであり、要介護度によってもサービスの組み立て方が大きく異なる結果となります
相談面接技術の高め方
介護支援専門員の実務研修についてまとめてみました。是非参考にしてみてくださいね
介護支援サービスの基礎技術
介護支援サービスの全般について、講義と演習を交えて学ぶ内容となっています。
課外実習でやること
課外実習といって、実際の要介護者などを個人を特定しない状態でプランニングするという実習もあります。
認定調査と社会資源調査
実務研修の流れの一つとして、認定調査というものがあります。介護認定への、一次判定を行う厳密・重要な物であるの
介護支援サービスの基礎技術とアセスメント・居宅サービス計画等作成演習
ケアマネージャーの仕事の大事な一部としてケアプランの計画があります。ケアプラン作成にはアセスメントが必要です
介護予防支援サービスに対する講義と演習
介護保険制度の基本的な理解や、介護保険の基本理念、介護予防の考え方、介護予防のポイントを押さえておくことは大切です。
モニタリングの方法
介護保険の利用者に対してどういったケアプランを立てるべきか、聞き取りを行います。
チームアプローチ演習
演習を通して学ぶ内容のひとつが、「チームアプローチ演習」です。ケアマネージャーの仕事はチームアプローチでサービスを提供