ケアマネージャー 受験資格

MENU

ケアマネージャーの資格をとって介護業界で活躍するために

ケアマネージャーの資格を取得するにはどうすればいいのでしょうか?

 

介護を必要とする高齢者数は25年後には約2倍に上がるそうです。そのような中で、ケアマネージャーは増々需要が増え、年齢制限なく女性が働ける専門職で今最も必要とされている資格だといえます。ケアマネージャーの活躍場所、お仕事の内容などと一緒に、ケアマネージャーの資格の取り方について一緒にみていきましょう!

 

ケアマネージャーって何?

ケアマネージャーって何、一体どんなものなの?名前からはケアをするということから、介護の中の資格であることは間違いありません。ケアマネージャーは介護支援専門員ともいわれています。要介護者の介護プランを策定し、サービス提供者とのパイプ役を担います。個々のお年寄りに介護サービスの内容、頻度、業者などを決める計画を作ります。

 

ケアマネージャーはどんな場所で活躍しているの?

ケアマネージャーは色々な場所で活躍しています。
ちょっと簡単にご紹介させていただきますね♪

 

<居宅介護支援事業所>

 

居宅介護支援事業所とは、県の指定を受けた介護支援専門員(ケアマネ−ジャー)がいる事業所です。在宅(家で)介護を受ける方の自宅等を訪問して、 利用者様やご家族様にアドバイスする、また、 合った居宅サービス計画プランを作成する仕事です。ここでケアマネージャーは活躍しています。

 

<介護老人福祉施設>

 

介護老人福祉施設というのは特別養護老人ホームのことです。老人保健施設は、一般にリハビリを目的として入所します。 通常3ヶ月程度を目処に、自宅に帰る事を前提としていますが、 現状、ほとんど在宅にスムーズに帰ることは少ないです。ここで、利用者さんを在宅に帰ることができるようにするようにしてあげるために、ケアマネージャーは活躍することとなります。ケアマネージャーは他にも、在宅介護支援センター、訪問看護ステーション 、ヘルパーステーションでも活躍しています。

 

では、ケアマネージャーの仕事の内容をみていきましょう。

 

要介護者の問題点の計上と課題をつくる

 

介護が必要となった方は、今まで通り自宅で不自由なく暮らしたいと思っています。。自宅で暮らすためには、何ができて何ができないかや、その原因を把握することが重要です。ケアマネジャーは色々な確認をとります。

責任のある仕事なのね

  1. 今までどんな生活をしていたのかということ 
  2. どうして介護が必要になったのかということ 
  3. これからどんな風に暮らしたいのかということ
  4. 家族はどのように関われるのかということ 
  5. 所付き合いはどうだったのかということ 
  6. 家族との関係はどんなものだったのかということ

 

ケアマネジャーは、こうしたことを要介護者本人やその家族に確認しながら、今後の生活を一緒に考えていくのが仕事です。そしてこの後、ケアプランを作っていきます。

 

ケアプランの作成をつくるという仕事

ケアプランとは、どういう介護サービスをどの程度利用するかを決めた計画書のことでケアマネージャーの仕事の一つとなります。要介護度別に1カ月に利用できるサービスの上限額が決まっているので、要介護者の心身の状態や家族の事情を配慮してプランを作成していきます。

 

サービス担当者会議の運営

サービス担当者会議とは、要介護者本人のよりよい生活のために、本人、家族、サービス担当者が開く会議のことです。サービス担当者会議はいつ開催されるのでしょうか?@ 初めてケアプランを作成するとき A要介護度が変更になるとき B要支援から要介護へ変更(逆の場合にも)になるとき C要介護の更新認定などを受けたとき
などです。

 

ケアプランの継続的な管理と再評価

要介護者の心身の状況や家族の事情などの変化に伴いプランを変更していきます。月に1回の訪問とモニタリング(再評価)をして、ケアプランの見直しをしていくのもケアマネージャーの仕事になります。

 

 

それでは、ケアマネージャーの資格の取得方法についてみていきましょう。どうすれば取得できるのでしょうか?

 

ケアマネージャーになるには受験資格というものがいる

ケアマネージャーになるには受験資格というものが必要になってきます。誰でもすぐに資格試験にチャレンジできるというものではないというものです。

 

それではどんな受験資格が必要になってくるのでしょうか?

 

=>今すぐ一括資料請求したい方はこちらへどうぞ

 

一定の従事期間と従事日数が必要になる

ケアマネージャーになるためには一定の従事期間と従事日数が必要になります。
従事期間とはいつからいつまで、○○の会社に勤めていたというものです。従事日数は、従事期間のうち、実際に働いた日数のことです。これらの期間が、職種によって変わってきます。それぞれの職務内容によって必要な従事期間と従事日数をみていきましょう。

資格によって条件が異なるのね。

従事期間が5年以上、従事日数が900日以上のものの職種一覧

 

医師・歯科医師・薬剤師・保健師・助産師・看護師・准看護師・理学療法士・作業療法士・社会福祉士・介護福祉士・視能訓練士・義肢装具士・歯科衛生士・言語聴覚士・あん摩マッサージ指圧師・ はり師・きゅう師・柔道整復師・栄養士(管理栄養士を含む)・精神保健福祉士

 

施設等において必置とされている相談援助業務従事者(児童指導員・生活指導員・生活相談員など)または、社会福祉主事・ホームヘルパー2級研修修了者などで相談援助に関する業務についている人、など

 

社会福祉主事・ホームヘルパー2級研修修了者などで介護に関する業務についている人など

 

従事期間が10年以上、従事日数が1800日以上のもの場合

社会福祉主事・ホームヘルパー2級研修修了者などではないものの、老人福祉法・身体障害者福祉法・生活保護法などで定められた施設(老人養護老人ホーム・身体障害者授産施設)などで、介護などの業務に従事した人

試験日、試験科目について

2014年度のケアマネージャーの試験日は2014年10月26日(日)となっています。

 

試験科目は

 

  1. 介護支援分野: 問題1〜25
  2. 保健医療サービス基礎:問題26〜40
  3. 保健医療サービス総合: 問題41〜45
  4. 福祉サービス:問題46〜50

となっています。

試験科目の免除がある場合はどんな場合?

試験科目が免除される職種があります。それではみていきましょう。

 

試験免除がされない職種

社会福祉士、介護福祉士、精神保健福祉士、医師、歯科医師、薬剤師、保健師、助産師、看護師、准看護師、理学療法士、作業療法士、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、栄養士、管理栄養士、義肢装具士、言語聴覚士、歯科衛生士、視能訓練士、柔道整復師でない場合が免除科目がないということになります。

 

免除科目のある職種

免除職種の一覧

ケアマネージャーの試験って難しいの?

ここ3年は15%から19%ととても合格率が低い試験となっています。人気のある資格ということはその分試験に合格するには狭き門ということになりそうです。

 

ケアマネージャーの勉強方法はどんなものがあるの?

勉強方法には

費用面も考えないといけないわ
通学
通信教育
独学

があります。


通学での魅力は?

通学のメリットは対面による勉強のため、分からない点が質問できることです。同じ目的を持った仲間もいるので、集中できます。受講料は6.5万円〜17万円程度と差が激しいため、自分に合った講座を選びましょう。

 

通信講座の魅力

通信講座は自宅で、自分のペースで勉強することができることが魅力です。また、費用も1.6万円〜5万円程度が多く、通学と比較すると安価であるため、金銭的な負担も魅力です。合格率も概ね6割程度で、通学との差があまりありません。CDやDVDでの学習、インターネットを利用しての学習、テキストがメインの学習と特徴に差が出ています。自分の好きな時間に勉強したい方にはおすすめです。

 

独学にむいている人とは?

独学に向いている場合は、ある程度基礎が出来ている人で、決まった勉強時間があまり取れない場合です。お勧めテキストは学習には長寿社会開発センターの介護支援専門員基本テキスト(6,300円)です。

 

いかがでしょうか?ケアマネージャーまでの道のりは大変かもしれませんが、取得すれば需要は沢山あるそうですから、目標に向かって頑張ってくださいね!

独学ではちょっと厳しいかもと思っている人には一括資料請求がおすすめ♪


イメージ

各学校で費用が違うのってご存知ですか?

ケアマネージャーの資格のスクールの場合、一番安いところだと10,000で、高いところだと50,000円ぐらい。

最大で4万円ぐらい変わってきます。

これって大きいですよね♪





もちろん値段だけで通う学校を決めないとは思いますが、でも少しでも安くてよい学校を見つけたいですよね。
そこで便利なのが一括資料請求です。

ここで紹介するサイトは全国の通学・通信講座情報が67,000件以上。わずか2分ほどの入力でほしいスクルーの資料が無料で手に入ります。

今すぐ一括資料請求したい方はこちら


イメージ


気に入ったスクールが見つかったら一度は見学してみてくださいね♪


更新履歴